shop

じいちゃんとばあちゃんの話まとめ3

こんばんは!本日もまとめと思い出話を載せたいと思います。

明日はいつも通りに最新話をインスタで公開できそうです。

呆れ顔のばあちゃん、ドヤ顔のじいちゃん。

じいちゃんはその当時の流行にはすぐ乗っかる流行追いかけボーイだったそうです。

ただ、付き合うだけじゃ足りないのか→じゃあ結婚を前提に付き合お!な猪突猛進なじいちゃん。

いかにも良いところのご子息な男性が颯爽と現れてきました。羽振りのかなり良い人だったそうです。

じいちゃん、ばあちゃんに婚約者がいたとはつゆ知らず。情報源の青山さんに愚痴をもらします。

そう、彼氏がいない訳ではない。決まってないだけでばあちゃんはデートする男性には事欠かない状態だったのです。決まってない、と書いてあったものの、婚約者を名乗る男性とはかなり交流を深めていたそうです。

私がしっかり把握しきれていないだけで自称婚約者の前にも数人親しくしていた方はいたようです。

青山さんはふと、自称婚約者は本当に婚約者なのか無理やりばあちゃんを自分の物にしようとしているのではないかと考えました。後々単に早合点しただけでしたが実際危ない目にはあったことはなかったそうです。

今日のまとめはここまでです。

さて、本日の思い出話はばあちゃんについて。

ばあちゃんですが、歳をとってもずっと長い髪を綺麗に保っていました。とても綺麗にしていたので秘訣を聞いたのですがお気に入りの櫛を丁寧に使って優しくとかすそうです。

お気に入りの櫛が何かの木ですできたものと普通のブラシと2種類大事に使っていましたが、木でできた櫛はじいちゃんがどこかで買ったお土産とのこと。センスが悪い櫛よね…なんて言ってましたがずっと大事に使っていました。

あと、余談ですが無類の酒好きでした。じいちゃんは酔うとだんだん泣いちゃうタイプでばあちゃんは笑ったりかなり陽気になるタイプ。外で飲むときはなるべく制限していたそうです。

本日の更新は以上です!明日は色々いつも通りの時間に投稿したいです。

お付き合いいただきありがとうございました。

Advertisement